スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年04月18日

ASG 【STORM 360 BBグレネード】 -起爆実験- Chapter3

こんばんは!セキトー広報部のキョウスケです!



第二回目の実験では、今まで困難であった転がしてでの起爆実験...
無事成功となりました!
小さな衝撃でも敏感にBITシステムが感知しています!

またゲームでの遊びが広がるかと思いますb

さて、
ラストフィルムである第三回目では、実際にHITされたユーザー様の様子をご覧ください!



それでは発売まで今しばらくお待ちくださいませ…m(__)m

STORM 360 BBグレネード
メーカー希望価格 ¥10,800+TAX
発売時期    5月上旬予定


PS:撮影にご協力していただきましたユーザー様...
   ありがとうございました!  


Posted by カトポン  at 19:06Comments(0)ASG

2018年04月17日

ASG 【STORM 360 BBグレネード】 -起爆実験- Chapter2

こんばんは!セキトー広報部のキョウスケです!



第一回目の起爆実験は如何でしたでしょうか?
低い位置からの投てきでも、感知できました!

それでは、
第二回目の実験では従来のBBグレネードでは困難であった
転がしてでの起爆実験でございます。

果たして、BITシステムはこの投てきでも感知することができるでしょうか…



みんな見てね~  


Posted by カトポン  at 18:40Comments(0)ASG

2018年04月16日

ASG 【STORM 360 BBグレネード】 -起爆実験- Chapter1

こんばんは!セキトー広報部のキョウスケです!


さて、

STORMの起爆ってどんな感じやねん!と疑問をお持ちのユーザー様…
お待たせしました!

第一回目の起爆実験動画をUPしました!!
ご参考のほど、よろしくお願いいたします…m(__)m




  


Posted by カトポン  at 18:36Comments(0)ASG

2018年04月09日

KING ARMSより【VSS Vintorez & AS VAL】発売予定!!

こんにちは!セキトーです!

今回もキョウスケが新情報をお届けします!

台湾メーカーKING ARMSより【VSS Vintorez & AS VAL】発売予定でございます♪



旧ソ連/ロシア軍特殊部隊【スペツナズ】の秘密兵器として有名なアイテムですので、
ロシア装備ファンは必見でございますb

気になる本体スペックはこちら!


【VSS ヴィントレス 本体スペック】
・全長 910mm
・重量 2400g
・素材 スチーム/メタル/リアルウッド/ファイバー

【AS VAL 本体スペック】
・全長 875~630mm
・重量 2400g
・素材 スチール/メタル/ファイバー

【共通の仕様】
・インナー長 420mm
・装弾数 380連マガジン
・HOP 可変式
・モーター ショートタイプ
・アウターバレル CNC1ピース製
・セレクター セーフティ/セミオート/フルオート
・メカボックス Ver3 7mmベアリング仕様
・バッテリー 7.4vLipoスティックタイプ推奨

【ここが違うよ!オススメスペック!!】
・ストックはリアルウッドを採用。本体素材はスチールパーツを数多く採用!!
・重量は2400g!実銃の重量2600gに近いこだわりウェイト...
・実銃&レプリカ品スコープ対応!様々なPSOタイプのスコープをアッセンブル!!(一部加工が必要な場合があります)
・MOSFET標準装備!キレッキレのレスポンスと配線焼け防止の安心感...

発売時期は5月入荷予定!!
お値段は55,000円予定でございます...

あっ!そういえばこの機種PU〇Gに出てたじゃないですか!?
我が家の次世代機は未だにPS3ですんで、お財布が分厚くなれば箱1買います...

それでは、セキトーの隠れゲーマーキョウスケがお届けしました!

ypaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!



  


Posted by カトポン  at 19:51Comments(0)KING ARMS

2018年04月08日

ASG「STORM 360 BB」の基幹構造 - 360 BIT -

こんばんは、セキトーです。
引き続き、キョウスケがお届けします!!

ASG社の「ストーム360 BBグレネード」の仕様について、さらに詳しくご紹介!今日は心臓部に迫ってみましょう。

ASG
ストーム 360 BBグレネード



ASG社がストームを開発する際、最もこだわって設計した部分はトリガーメカニズムです。

従来の主要なBBグレネードの機関部は全て、「シリンダー」+「ピストン」で構成されています。衝撃もしくは時限式の仕掛けによってガスが開放されることで、派手なアクションと共にBB弾が射出されるようになっています。エアガンと同様に、シリンダーの中をピストンが上下(前後)に動くようになっているのですが、気密性を保つ為にゴムのO-リングが各部に使われます。ガスの密閉状態を作り出す為のこのO-リングは同時に「動作抵抗」としても作用します。いわゆる「不発」になるのはO-リングの摩擦抵抗が影響していることがあります。また、O-リングが劣化や破損をするとガス漏れが発生し、同様に「不発」の原因となります。それゆえ、オイルで小まめな潤滑をしてO-リングの不要な抵抗を無くし、同時に劣化を防ぎ、更にオイルで気密性を高める狙いがあるのです。

しかし、STORMはピストンに該当する部分に別のものを使用することで、起爆時の抵抗を減少させ動作確実性を大幅にアップさせています。

このASG社が独自に設計した基幹構造は「360BIT」システムと名づけられています。
BITは、Ball・Impact・Triggerの頭文字を取ったもので、その名の通り、金属球がシリンダーの中に仕込まれています。今回ASG社より、この「BITシステム」の重要な部分の画像を提供してもらいました。

「360BIT」システム






一枚目の画像にあるように、金属球が使用されていますね。シリンダーの底辺の穴にこの金属球が収まり「弁」の役割を果たします。衝撃=インパクトによって金属球の位置がズレることでシリンダー内に充填されたガスが一気に底から開放され、シリンダーと本体シェルの間にギッシリ詰まったBB弾を押し出す仕組みです。
未装填のストームを振ると中でカタカタと音が鳴るのは、シリンダー内を動くこの金属球の音だったのですね。

また、この金属球の「ズレ」がトリガーとなる構造には利点があります。従来のグレネードはヘッド部にトリガーとファイアリングピンがあり、着弾時の角度と投擲の強さ(高さ)が起爆の確実性に影響しがちでした。
ストームの場合、トリガーが重い球体なので、着弾時の角度に関係なく本体へのインパクト(衝撃)を感知しやすくなっていて、従来のBBグレネードより低い位置からの投擲でも確実な起爆が期待できるのです。

さらに、金属球が弁の役割を果たすデザインは、気密を保つためのO-リングの数が従来のBBグレネードより少なく済み、必然的にO-リングが原因となるガス漏れなどのリスクが低くなります。なりより、先日ご紹介した通り、全てのユニットは本体の中に収められていて装填時に分解する必要がないので、埃や汚れによってO-リングが侵されることもほぼありません。

これが「360 BIT」システムを搭載したSTORMグレネードです。

これまで何種類ものBBグレネードで遊んできたキョウスケですが、さすが!スコーピオンEVO3を生み出したASG!!シンプルかつ合理的な設計で、高いパフォーマンスを発揮するように考えられてるなぁ、とこの記事を書きながら感心してます♪

長くなったので、今日はここまで~

次回は、ストーム 360を実際に爆発させてみよと思います!
乞うご期待!!

  


Posted by カトポン  at 21:51Comments(0)ASG

2018年04月07日

「STORM 360 BBグレネード」スペック

こんばんは、セキトーです。

Twitterから参りました広報のキョウスケです!

昨晩よりご紹介していますASG社が2018年に放つ”猛嵐”!
その名も、「STORM 360」BBグレネードの詳細が徐々に明らかになってきました。

デンマークに拠点を置くASG社は、実銃Cz社との正式ライセンスによる「スコーピオンEVO3」のリリースによって、その品質の高さで日本でも一躍名を上げたメーカーです。
そのASG社が今年リリースする新型BBグレネードをご紹介していきましょう。

まずは、基本スペックを。。。

ASG
STORM 360 BBグレネード



・サイズ:95mm(高さ) x 74mm(最大外周)
・重量:256g
・作動方式:インパクト型
・パワーソース:HFCエアガン用フロンガス
・装弾数:165発(6mmBB弾)
・本体素材:ナイロンポリマー樹脂、金属、他
・製造地:ヨーロッパ

本体を覆うシェル部分にはナイロンポリマー樹脂が使用されていて、耐久性への信頼度は高そうです。
実際に手で持ってみるとサイズと重量のバランスが良く存在感があります。

セフティの構造はシンプルかつ合理的で、本体上の突起部の穴にセフティピン通すことで安全装置が効く仕組み。ピンを挿しし込んだ後に横に倒すと、ちょうど突起の外周に沿う形でピンが固定され、引いてもピンが抜けなくなります。



BB弾の射出口は側面のココ。装填もこの穴から行います。



さて、ここまで読んでお分かりの方もいらっしゃるかも知れませんが、そうなのです!
「ストーム 360」は、通常分解できるパーツ点数がたったの2個!
す、すくなっ!!
これまでのBBグレネードはパーツ点数が複数個あり、BB弾&ガスのチャージの手順でそれらパーツを一度本体から取り外す必要がありましたよね?また、パーツ点数が多いということは装填作業の手間が増えるとともに、それらのパーツの紛失・破損の可能性があるということです。
しかし、ストーム 360の場合、「本体」と「セフティピン」だけ。無くすときは丸ごと無くなります!(爆)

冗談はさておき、パーツ点数の少なさによって装填作業は至って簡単。以下のように行います。

1.セフティピンで本体上中央の穴のファイアリングピンを押し下げる
2.セフティピンを本体上の突起側面の穴から挿し込む
3.本体上の突起のすぐ横にあるガス注入バルブからガスをチャージ
4.BBローダーなどで本体側面の穴からBB弾をいれる

ほらね?何もパーツを外さずに全てが完了します。慣れれば、30秒もかかりません。


で、実際のアクションや起爆動作の信頼性はどうなのよ??

それらをご紹介する前に、今回、ASGがSTORM 360の為に新規開発した起爆システムについて、次回の記事でご紹介いたしましょう。

んんっ??未装填のSTORMをフリフリすると、なんだかグレネードの内部でカタカタと重量感のある音がするぞ??

次回は、「STORM 360」の基幹構造である「360 BITシステム」についてご紹介します。




  


Posted by カトポン  at 21:16Comments(0)ASG

2018年04月06日

ASG 「ストーム 360 BBグレネード」

先ほど、お知らせしました新型BBグレネードの続報です!

CzスコーピオンEVO3でお馴染みのASG社が2018年に放つ“巨大な嵐”・・・

ASG
STORM 360/ストーム 360 BBグレネード


ASG社が新規に独自設計したトリガーシステムを搭載し、信頼度の高い作動性を実現させています。
仕様に関しての詳細は英語の説明書が解読できてからにいたします(笑)

百聞は一見にしかず!

ということで、明日4/7(土)に下記のフィールド定例会にゲリラ参戦して、「STROM 360 BBグレネード 起爆実験」をさせていただきます!

明日のグランド・ゼロは下記のフィールド様です。

・サバイバルゲームフィールド TENKOO
http://tenkoo.tokyo

日本で初めて「STORM」を食らっての威力を体感してみたいドMな方、
ご来場お待ちしておりますm(__)m  


Posted by カトポン  at 21:25Comments(0)ASG

2018年04月06日

ASGより新型BBグレネード!!

こんばんは!セキトーです!

スコーピオンEVO3を世に生み出したASG社から
【新型BBグレネード】が今夏発売予定でございます!

今後の情報につきましては、順次UPしていきます!(*゚∀゚)

乞うご期待~ノシ


  


Posted by カトポン  at 19:57Comments(0)ASG