2014年03月26日

NB 各社AK/VSS/SVD対応スコープをA&K SVDに取り付ける際の注意事項。

毎度どうも、カトポンですface01

昨日レポートしました
NB 各社AK/VSS/SVD対応スコープに関しまして、

「A&K SVDには加工が必要」と
レポート致しましたが、
「じゃぁ、どこをどう加工したらいいのん?」というお問い合わせを
いただきましたので、ご紹介させていただきますねface01



まず、
スコープのレイルをA&Kドラグノフ本体の山に合わせて
加工を致しましょう。
加工にあたり、



最初に固定用パーツを外します。
リングを緩めていけば各パーツに分解されますよ。
リングには緩み止めがあるので、
黒色のストッパーを押し込みながらリングを回して下さいませ。



要加工箇所は



赤丸の4点です。



リューターなどで先にマウントの山の頭を
落としてあげて下さいませ。



慎重~に、加工して下さいね。



ある程度山を落としたら、



棒やすりで仕上げていきましょう。



(加工前のマウントの山)




(加工後のマウントの山)




A&K SVD本体のレールに合わせ、
角度を緩やかに加工して下さいませ。
あまり削りすぎると装着できなくなる恐れがありますが、
ロックパーツの調整をすれば、案外簡単にできますよ。
少しずつ、丁寧に削っていけば失敗は少ないはずでございます♪



と、いう訳で・・・



完成~!!
やっぱりSVDはスコープが付いてこそ、って感じですよね。
カッコイイ!!


電動・もしくはエアコッキングのA&K SVDをお持ちの方、
是非チャレンジしてみてくださいませ。

ではでは~icon23





Posted by カトポン  at 13:18 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。