2018年12月03日

Qaraqorum製【超軽量】ナイロンブリーチ

お久しぶりです!

セキトー広報部のキョウスケです。

本日は、
マズルフラッシュ再現ハイダー【Qougar(クーガー)】を生んだカラコルムの新商品
【超軽量】ナイロンブリーチについてご紹介いたしますm(__)m



さて、上の画像の【東京マルイ デトニクス&ストライクウォーリア】専用
ナイロンブリーチ
はここ最近に発売をしましたね。


しかし、ハンドガンを買って間もないユーザー様から、
「ブリーチってなに?(´・ω・`)」とお聞きしましたのでご説明を。。。




ブリーチとは簡単に表すと
ガスルートエンジン【シリンダーユニット】の一部パーツで
ガスルート確保の役割を果たしています。


まずは【シリンダーユニット】のご説明から。。。

ガスガンのセッティング方法は
マガジンにガスを注入して、内部の圧力により発射されることはご存知かと思います。




マガジンから放出されたガスは
画像の穴が開いているパーツ【シリンダー】の穴から
ブリーチを通過します。




放出されたガスのパワーにより、シリンダーが素早く前進し
BB弾を【チャンバー】(BB弾が発射されるルート)に送り込みます。

最終地点のBB弾を勢いよく飛ばすという事です


このガスルートの役割を果たすパーツ【ブリーチ】の材質ですが
破損や擦り切れを防ぐために、主なメーカーでは亜鉛ダイキャストの金属パーツを使用しております。

しかし、重い金属パーツを使用している分
ブローバックに必要な運動量とガス放出量が多くなってしまいます。

そして、冬場というガス圧が低くなってしまう時期では、ブローバック動作もまともに動くこともままなりません (;´Д`)




そこで、金属パーツであるブリーチを
軽量素材のナイロンにすることで

①驚異的なブローバックスピード
②低反動による命中精度向上
③低温時の動作性の向上
④ガス燃費の向上

を実現しております。


マズルジャンプを抑えたり、作動に必要なガス放出のパワーを
抑える効果があるので、
今流行りのPPS競技者や、ワタクシのような冬場ガスブロ野郎の
救世主的なアイテムになりそうですね!


次は来月中旬発売予定の
ナイロンブリーチ第二弾【東京マルイ GLOCK17/22/34/26】用の
組立方法のご説明と純正ブリーチとの比較をご紹介いたします( •̀ω •́ゞ)✧


お楽しみに~ノシ









同じカテゴリー(Qaraqorum)の記事画像
Qaraqorum 【GLOCK17/22/26/34】専用ナイロンブリーチ 組み付け方
同じカテゴリー(Qaraqorum)の記事
 Qaraqorum 【GLOCK17/22/26/34】専用ナイロンブリーチ 組み付け方 (2018-12-03 11:04)

Posted by カトポン  at 10:44 │Comments(0)Qaraqorum

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。