2018年12月03日

Qaraqorum 【GLOCK17/22/26/34】専用ナイロンブリーチ 組み付け方

こんにちは!
セキトー広報部のキョウスケです!

引き続き前回ご紹介しました
Qaraqorum製【東京マルイ GLOCK17/22/26/34】専用ナイロンブリーチの
組み付け方をご紹介します(。・ω・)ゞ



今回は東京マルイ GLOCK17を使ってご説明します。
用意する工具はプラスドライバー一本だけです。

別としてネジとシリンダースプリングを無くさないように、
ビニール袋か小っちゃい箱を用意しておきましょう。

まず、本体の【スライド】(上部)と【フレーム】(下部)を分離します。



GLOCKシリーズはフレームに取り付けてある【スライドロック】を押し下げながら
スライドを引くと



このように外すことが出来ます。




続いてスライドの前方にはめ込んである
リコイルスプリングがセットに組まれているパーツ
【リコイルスプリングガイド】を外します。



ガイドを前進させると外れますが、
外す際は無理に持ち上げず外すことがベストです。

ガイド下のアウターバレルも同様の方法で外すことが出来ます。


続いて本体後部の【リアサイト】(照準器)を外します。



プラスネジで固定されているので、ここでドライダーの登場です。
プラスネジを外すとき、ピッチのズレがあるとネジなめを起こして
再度取り付けるときに締めにくくなりますので、ご注意ください。

このネジは無くさないように一旦除けておきましょう。



プラスネジを外してリアサイトを引っ張ると外せます。




ここで大詰め、【シリンダーユニット】
【ブリーチ+シリンダー】を外します。




GLOCKのシリンダーユニットはシリンダー先端を持ち上げながら、
ブリーチを持ち上げると楽に外すことが出来ます。




【シリンダースプリング】というシリンダーを動かすための
バネが入っていますので、無くさないように外してください。
外すときは、バネが遠くの彼方に飛ばないようにビニール袋の中で作業すると
便利ですよ(。・ω・)b

後は、純正ブリーチと交換するだけでございます。



組み付けるとき注意をする点ですが、
シリンダースプリングはズレやすく、ズレたままはめ込むとスプリングが曲がったり
先端部分が潰れたりするので、シリンダーの状態を見ながら交換してください。

組み付けたあとは、シリンダーを軽く引っ張って
シリンダースプリングがズレなくしっかりと入っていることを確認してください。



最後にスライドに接触する部分を軽くシリコンスプレーで吹いてください。

パーツを組み付けて。。。



完成です!


発売日は今月12月中旬を予定しております。



定価 ¥3,800+TAX


それでは、驚異のブローバックスピードとお楽しみくださいm(__)m





同じカテゴリー(Qaraqorum)の記事画像
Qaraqorum製【超軽量】ナイロンブリーチ
同じカテゴリー(Qaraqorum)の記事
 Qaraqorum製【超軽量】ナイロンブリーチ (2018-12-03 10:44)

Posted by カトポン  at 11:04 │Comments(0)Qaraqorum

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。